働く女性の悩みを解決するには

「男性は仕事、女性は家庭」といった固定的な意識は、時代とともに変わりつつあります。しかし、働く女性の悩みとして多くを占めるのが仕事と家事、子育てまたは介護との両立でしょう。男性の家事や子育て時間の少なさも、女性が仕事を続けられない原因の1つです。その解消方法として、ノー残業デーを設けたり、管理職が率先して無駄な残業を止めたり、限られた時間で効率よく仕事を進めることが大切となっています。

そして、根本的に子育てや介護と仕事が両立できるような環境を整えることも大事でしょう。例えば、休暇や休業制度の整備が挙げられます。育児休暇や介護休業、子どもの看護休暇など、その場に応じて休暇や休業を取れるようにするのです。

次に、働く時間や場所の工夫も欠かせません。フレックスタイム制度やテレワークを導入し、さまざまな働き方を提案します。また、柔軟な雇用形態も必要です。まずはパートやアルバイトで働いて正社員への転換、短時間正社員制度を活用することを考えてみましょう。

働く女性の悩みを軽減させることは、職場だけではなく家庭の協力が必要不可欠です。食事の支度や洗濯、掃除といった家事は、生活するうえで欠かせません。家族みんなで協力して行えば会話もはずみ、家での時間がより快適になるでしょう。もちろん、親戚や近所の人、行政が提供するサービスなど頼れる人やサービスは上手に利用して、1人で頑張りすぎないようにすることが大切です。